真言宗真弘山諸福不動尊祐照寺,お祓い,永代供養,家族葬,親切葬儀,子供の体験修行,護摩祈願,水子供養,心霊写真,人生相談,動物供養,人形供養,預骨,ヨガ教室,寺子屋,寺写経教室

今回から護摩での法話をここに残していこうと思ってます。

残念ながら護摩に参加できなかった…とか

遠いので来れない…

そういった方々にも見て頂ければ幸いです。

毎回、真言宗 弘法大師(空海)さんのお言葉を基に

いろいろとお話をさせて頂いております。

今回の住職の法話は

「理想をかざすより 思いやりが第一」

正しい道や理想を人に押しつけない

原文は

然れども猶(なお)、義(ぎ)を守る者は受けず。

道に順(したが)う者は正諫(しょうかん)するのみ。

「高野雑筆集」

官吏をしている知人から、周囲の不正を憂い、どう対処すべきか相談の手紙を受け取り

空海は「正義を守ろうとする者は金品を受けず、道を守ろうとする者は相手が誰であろうと

正しく諫めるほかはありません」とお返事を返しました。

でも、

「昔も今も、かつて清廉潔白の身で財を築いた者はなく、是非善悪を忠告し主君を諫めた人で

出世した者はおりません」とも付け加えております。

官吏とは役人の事で、そんな自分の上に立つ人間がこんな不正ばかりしていていいのでしょうか?

と相談したのでしょう…

そして空海は最後に

「それでもなお義を守り、正しい道を通すべきですが、

諫言の効果なく敵を作るだけなら官吏を辞めるか、病気を理由に地方への異動を求めるか

よく考えて行動して下さい」と相手の身を案じ締めくくってます。

理想だけを伝えるのがベストではなく相手への思いやりこそが第一なのです。

 

お祓い,納骨堂,永代供養,家族葬,親切葬儀,心のこもった葬儀,体験修行,護摩祈願,祈願,水子供養,心霊写真,人生相談,月参り,法事,直接聞ける法話,仏様の話を聞ける寺,動物供養,人形供養,仏壇や本尊さんの供養,墓の開眼供養,永代供養,一時預かり,預骨,僧侶の派遣,BUDDHIST TEMPLE